不動産の売却での年末調整での確定申告

不動産の売却での年末調整での確定申告 給与所得者で給与を一か所からだけ支給を受けているサラリーマンなどの確定申告について考えてみます。
一般的にはこうした従業員は、給与から月々その扶養者の人数などにより、収入に応じて源泉所得税を天引きされます。
年末になると給与支払者は、従業員の所得税を確定申告と同じ方法で算出し、一年間に天引きした源泉所得税と比較して調整します。
これを年末調整と言います。
給与以外の所得が一定以下の金額であれば、その給与所得者は確定申告の義務がありません。
逆に、給与以外に一定の所得があった場合には、確定申告が必要になります。
不動産を売却した場合、収入から不動産の取得した時の価格と経費を差し引いたて利益が発生していれば、その利益を確定申告する必要があります。
不動産の譲渡の場合は、給与とは別に、利益に対して一定割合を乗じて税金を計算しますが、確定申告をする場合には、あらゆる所得を申告しなければなりませんから、年末調整をした給与所得も申告する結果となります。

不動産関連の申告漏れで脱税扱いされないように!

不動産関連の申告漏れで脱税扱いされないように! 不動産の運用や売却で収入を得た場合は、その翌年に税務署に確定申告をしなければなりません。
確定申告の内容は金額を正確に計算されていなければならず、提出した書類に記載されている金額に間違いがあると税務当局から申告漏れを指摘されることがあります。
もし、故意に誤った内容を申告したとみなされると、脱税の罪で摘発されてしまいます。
また、申告漏れを指摘された場合は、故意に行われたかどうかに関係なく、附帯税が課されます。
申告漏れが比較的軽微だった場合は、延滞税と過少申告加算税のみが加算されますが、悪質なケースではさらに重加算税が課され、これとは別に罰金を支払わなければならなくなることもあります。
不動産の運用や売却によって得られる収入が大きい場合は、特に慎重に所得金額と税額を計算しましょう。
なお、自分で計算することによる税務署からの申告漏れの指摘が不安なのであれば、税理士に手続きの代理を依頼する方法が有効です。
専門家に依頼すると報酬を支払わなければなりませんが、法的に問題が無い申告書類を確実に作成してくれます。

新着情報

◎2024/2/16

不動産物件の利活用
の情報を更新しました。

◎2023/12/13

不動産の購入に必要となる税金
の情報を更新しました。

◎2023/9/28

不動産物件の清掃を行うタイミング
の情報を更新しました。

◎2023/7/25

ユニークな物件を取り扱っている不動産会社
の情報を更新しました。

◎2023/4/11

不動産と積み立て型に関して知っておくと便利
の情報を更新しました。

◎2023/2/15

長期型の不動産投資を実践するための基礎知識
の情報を更新しました。

◎2022/11/17

高齢者歓迎の物件を探す方法
の情報を更新しました。

◎2022/9/26

希望の家が建てられないことがある
の情報を更新しました。

◎2022/6/16

情報を更新しました。
>風呂なしで銭湯が近い不動産を専門に紹介するユニークなサイト
>不動産の取引で宅建業の資格が重要になる理由

◎2022/1/13

不動産所有のメリットデメリット
の情報を更新しました。

◎2021/11/30

資産運用には推奨できる方法
の情報を更新しました。

◎2021/11/1

情報を更新しました。
>生活が便利になるエリアにある不動産の魅力
>不動産業界の仕事がピッタリな人の性格やタイプ
>不動産は借金を上手に利用して購入しよう!
>不動産投資を短期で行う方法についての基礎知識
>不動産は長期保有したほうがお得なこともある

◎2018/5/8

不動産の売却に伴う各種税金
の情報を更新しました。

◎2018/3/2

インカムゲインを手に入れよう
の情報を更新しました。

◎2018/1/19

遺産相続時に揉め事が起きる理由
の情報を更新しました。

◎2017/10/3

不動産の売却での扶養者控除
の情報を更新しました。

◎2017/8/10

年末調整での確定申告
の情報を更新しました。

◎2017/7/7

サイト公開しました

「不動産 調整」
に関連するツイート
Twitter

不動産営業に必要なことは、コミュニケーション能力と調整能力とキャパです。 決して根性やガッツではありません。

弊社で購入できない物件はございません どんな現場でも早急に金額は必ず提示致します! 〈超狭小〉〈再建築不可〉〈連棟〉〈旧耐震〉〈借地〉〈底地〉〈調整区域〉〈事故物件〉〈近隣トラブル〉〈立ち退き〉〈残置物撤去〉 不動産の売却は集英都市開発DMor➿0120-07-310( オーナーサテイ)

オフィス賃貸で契約内容の調整をしていたお客様から昨日 AD◯◯◯万円よこせ と言われました。断ると… じゃあ他の不動産会社に仲介頼む と。勝手にすればいい。弊社はそういう事は一切しません。案内から条件交渉から契約内容擦り合わせから全てやらせておいて、最後の最後にこれか。。

今日はグロース調整だろな 不動産とかちゃんと見とこうね

気配では不動産、陸運、金融が強い、内需だね 金融は出遅れというよりちょこっと調整していたレベルだけど