不動産の売却での反復継続について

不動産の売却での反復継続 不動産売却はその内容によって、反復継続と見做される事があります。見做された場合には法律上、業務として不動産取引を行っているという扱いになるので、宅地建物取引業の免許が当該する売却行為に必要となります。従って一般個人においては法に抵触する可能性が高くなる為、注意する必要があるのです。
反復継続と成るか否かは、取引の可能性が複数回に跨ぐかどうかが大きく左右します。例えば100坪の土地を売却するとして、そのまま100坪を特定の個人・企業に売却する場合は該当しません。一方で50坪づつの2区画に分割し、其々の区画を別々の個人・企業に売却するケースでは、該当する可能性が高くなります。
反復継続に該当するような取引を検討したい場合には、一旦は宅地建物取引業の許可を持つ事業者に纏めて不動産売却を形式上行い、実質的に転売を委任するような順序を踏む必要があります。法に違反した場合、罰則が非常に重く設定されているので注意を要します。

不動産反復継続の明確な定義はない!?

不動産反復継続の明確な定義はない!? 不動産は流動性のない資産なので、売買における手続きが煩雑になりがちな特性が持たれています。ことに、不動産の反復継続の定義については、ある程度の知識を有する方でも意見が分かれることがあります。
たとえば、「取得してから半年居住してから売却し、その売却益で再度取得する」といったケースは、反復継続に該当するかどうか物議をかもしています。この問題については、明確な定義はないとの回答が一般的に認知されている模様です。ポイントとなる部分と言えば、宅地建物取引業上における「業として行う」に抵触するかどうかにあたります。
現在では、宅建業の無資格者の人が業として反復継続を行った場合、法律に違反する行為として認められてしまいます。しかし、不動産の売買には、やむを得ない事情より反復継続を余儀なくされるケースも考えられます。最終的には、司法に基づいた判決に従うものとなりますが、反復継続の明確な定義がない部分に焦点を当てて、正当性を主張することも必要です。

新着情報

◎2024/2/16

不動産物件の利活用
の情報を更新しました。

◎2023/12/13

不動産の購入に必要となる税金
の情報を更新しました。

◎2023/9/28

不動産物件の清掃を行うタイミング
の情報を更新しました。

◎2023/7/25

ユニークな物件を取り扱っている不動産会社
の情報を更新しました。

◎2023/4/11

不動産と積み立て型に関して知っておくと便利
の情報を更新しました。

◎2023/2/15

長期型の不動産投資を実践するための基礎知識
の情報を更新しました。

◎2022/11/17

高齢者歓迎の物件を探す方法
の情報を更新しました。

◎2022/9/26

希望の家が建てられないことがある
の情報を更新しました。

◎2022/6/16

情報を更新しました。
>風呂なしで銭湯が近い不動産を専門に紹介するユニークなサイト
>不動産の取引で宅建業の資格が重要になる理由

◎2022/1/13

不動産所有のメリットデメリット
の情報を更新しました。

◎2021/11/30

資産運用には推奨できる方法
の情報を更新しました。

◎2021/11/1

情報を更新しました。
>生活が便利になるエリアにある不動産の魅力
>不動産業界の仕事がピッタリな人の性格やタイプ
>不動産は借金を上手に利用して購入しよう!
>不動産投資を短期で行う方法についての基礎知識
>不動産は長期保有したほうがお得なこともある

◎2018/5/8

不動産の売却に伴う各種税金
の情報を更新しました。

◎2018/3/2

インカムゲインを手に入れよう
の情報を更新しました。

◎2018/1/19

遺産相続時に揉め事が起きる理由
の情報を更新しました。

◎2017/10/3

不動産の売却での扶養者控除
の情報を更新しました。

◎2017/8/10

年末調整での確定申告
の情報を更新しました。

◎2017/7/7

サイト公開しました

「不動産 売却」
に関連するツイート
Twitter

新築住宅の魅力

調整区域、再建築不可、底地等ニッチな不動産の買取!!売却が難しい不動産でお困りではないですか? | 生活に必要な、数々のショップ紹介

仕事が大事すぎて、田舎の家売却したい どこで転勤になっても大丈夫なように、都市の中心部に家買いたい 地震きて不動産価値が下がったら嫌。 どうせいつかくるなら地震が早くきて、彼に大罰を与えて欲しい 彼には幸せになってほしくない この世から消えて欲しい

不動産の所有者の名義変更を行わない場合のリスク】マイホームの購入や売却を検討されている方はいらっしゃいませんか。今回は相続などで不動産の所有者の名義変更を行わない場合のリスクについてお話しさせていただきます。詳しくは→ 

初めての不動産売却 【再掲】