遺産相続時に不動産で揉め事が起きる理由

遺産相続時に揉め事が起きる理由 遺産相続をする場合、亡くなった人の配偶者や子供などの相続人としての資格を持つ人が複数存在することが多いといえます。この場合には遺言書があればその内容にしたがうものの、なければ相続人全員で協議の上で、誰がどのような財産を取得するかを決めるのが一般的です。
これを遺産分割協議といいますが、遺産のなかにもしも土地や建物などの不動産が含まれていた場合、揉め事の原因となる可能性があります。不動産は現金や預貯金とは違って人数で分けることが容易にできないため、相続人の誰かひとりだけが独占的に相続する形式となってしまい、これがまず揉め事の原因になります。実は不動産も分割が不可能ではなく、たとえば土地の分筆や持分登記による共有といった方法をとることもあり得ます。
しかしこの場合も持分をいくらの割合にするのか、あるいは相続税の納付にあたっての計算方法などがトラブルの種となるため、やはり手続きは慎重に行う必要があります。

不動産は分けづらい

不動産は分けづらい 土地や建物などの不動産は現物をともなうため、現金や預貯金に代表される一般的な財産とは違って分けづらいという特徴があります。こうした特徴がとりわけ問題になるのは相続の場合です。
不動産を分ける方法としては、持分登記や分筆などの手段がないわけではありませんが、無理に分けようとすると大きな手間がかかります。持分登記をした建物は売却の際に所有者全員の同意が必要なため、個人が自由に処分することが難しくなる上に、そもそも売却をしようとしても買い手が付きません。
土地の分筆は持分登記よりも明快ですが、面積が大きく使いやすい土地を無理に分割すると、短冊形の使いにくい土地になってしまうことがあり、やはり買い手が付かない可能性があります。そのため不動産の相続においてはなるべく単独の相続人に帰属させることが望ましいのですが、相続人が何人もいる場合には受け取る財産の格差が生じてしまうことになるため、今度は逆に話し合いがまとまらなくなるおそれがあります。

新着情報

◎2024/2/16

不動産物件の利活用
の情報を更新しました。

◎2023/12/13

不動産の購入に必要となる税金
の情報を更新しました。

◎2023/9/28

不動産物件の清掃を行うタイミング
の情報を更新しました。

◎2023/7/25

ユニークな物件を取り扱っている不動産会社
の情報を更新しました。

◎2023/4/11

不動産と積み立て型に関して知っておくと便利
の情報を更新しました。

◎2023/2/15

長期型の不動産投資を実践するための基礎知識
の情報を更新しました。

◎2022/11/17

高齢者歓迎の物件を探す方法
の情報を更新しました。

◎2022/9/26

希望の家が建てられないことがある
の情報を更新しました。

◎2022/6/16

情報を更新しました。
>風呂なしで銭湯が近い不動産を専門に紹介するユニークなサイト
>不動産の取引で宅建業の資格が重要になる理由

◎2022/1/13

不動産所有のメリットデメリット
の情報を更新しました。

◎2021/11/30

資産運用には推奨できる方法
の情報を更新しました。

◎2021/11/1

情報を更新しました。
>生活が便利になるエリアにある不動産の魅力
>不動産業界の仕事がピッタリな人の性格やタイプ
>不動産は借金を上手に利用して購入しよう!
>不動産投資を短期で行う方法についての基礎知識
>不動産は長期保有したほうがお得なこともある

◎2018/5/8

不動産の売却に伴う各種税金
の情報を更新しました。

◎2018/3/2

インカムゲインを手に入れよう
の情報を更新しました。

◎2018/1/19

遺産相続時に揉め事が起きる理由
の情報を更新しました。

◎2017/10/3

不動産の売却での扶養者控除
の情報を更新しました。

◎2017/8/10

年末調整での確定申告
の情報を更新しました。

◎2017/7/7

サイト公開しました

「不動産 相続」
に関連するツイート
Twitter

廃墟不動産投資家の方に相続した家を貸したい🏠 ワシには1Kの賃貸がお似合いだ。

自分で調べた。不動産に関しては、日本の法律に従って、動産に関しての相続は、 その国の法律に従う事。難しくしたい人達が勝手に騒ぎ出し私達まで混乱させて、要らん出費を促そうとしてたんでしょう。 過去に戻り嫌な思いもさせられて、事実を曲げられわるものにされ悔しいと

相続登記の義務化は2024年4月1日開始 不動産相続したことを知ったときから3年以内に登記しなければ、 10万円以下の過料 とかになってるらしくて恐ろしい

たとえば、相続問題や労働問題、不動産の取引や契約関係などについて、クライアントに適切なアドバイスを提供することが求められます。

最近は親から引き継いだ会社をPEファンドに売却して数十億を得るというケースも増えてきた。(車買いまくっている層はこのパターンか不動産が多い) 株の相続税評価額とPEファンドのつけるバリュエーションの差が大きければ美味しい。